新宿でおすすめの不動産屋さんをランキングにてご紹介!信頼の出来る業者に頼んで納得の新しい住まいを見つけましょう!

賃貸不動産物件を安く借りるための方法

賃貸不動産物件を安く借りるために必要なのは、1にも2にも交渉です。
交渉次第では元の値段よりかなり安く借りることができるので、物件を借りたいならどんどん交渉していきましょう。

といっても、ただ家賃をまけてくれと交渉するだけでは、あまり家賃を安くしてもらえないでしょう。
ではどうするなのか、その方法は簡単です。
色々な不動産業者と同時に交渉すればいいのです。
A社で借りたい物件をいくつかピックアップしたあと、B社でも同じことをします、そしてA社に戻りB社ではこれだけの物件がこれだけの値段で借りられるんだけど、もう少し値段をまけてくれないか、と交渉するのです。
B社でも同じことをやればさらに家賃が安くなりますので、いくつかの会社を天秤にかけながら家賃を下げてもらうといいでしょう。

これだけでもそれなりに家賃や賃貸料を下げてもらうことができますが、さらに低い値段で物件を借りたいならこの方法だけでは足りません。
なので、ワケあり物件にも手を伸ばす必要があります。
ワケあり物件とは、何らかの理由で借り手が付きにくい物件のことです。
なぜ借り手がつかないのかは物件によって違いますが、何らかの不利な理由がある物件なのは確かです。
そのワケあり物件は通常の物件より数割安い値段で借りられるので、安さを追求するならそれに手を出すのがいいでしょう。

けどワケあり物件は危険なのでは、と思われる方もいるでしょうが、別にそんなことはありません。
シロアリが住みついているような物件なら話は別ですが、そういう危険な理由がないワケあり物件はいくらでもありますので、住む上でそこまで問題のない物件を選べばいいのです。
このワケあり物件というのは、不動産業者のほうでも借り手がつかなくて困っている物件なので、ここで交渉すれば、さらなる値引きに応じてくるのは確実です。
ですので、ワケあり物件を借りる場合、こんなに安い家賃で物件を借りられるのかと満足することなく、必ず値引き交渉を行いましょう。
そうすれば、同条件の物件と比較して5割引、6割引で借りることも夢ではないでしょう。

賃貸物件を借りるためのコツは、陳泰亮を値下げしてほしいとひたすら交渉することです。
複数の業者を天秤にかける方法、ワケあり物件に手を出す方法、これらの方法を駆使すれば、もともとの賃貸料よりずっと安い値段で物件を借りることができます。
仮にそれがうまくいかなくても、時期を見て再交渉すればいつかは成功しますので、諦めずに何度もトライしていきましょう。

新宿不動産屋口コミ比較ランキング